作業員

大工になって建設物を創る

2人の建設員

建設関係の仕事で最も多くの人から認知されているのが大工です。
伝統的な職業の一つで日本の気候風土に適した建築方法、在来工法を利用して日本の気候や環境に適した木造住宅などを建てるのが大工の主な仕事です。住宅を建築するためにはとても重要な職業であり、大工がいなければどのような建築物も建てることはできません。一般的にクライアントから注文を受託し設計図や図面を書くのは建築士の仕事ですが、中には図面や設計図を自分で作成し建設をおこなっている大工も存在します。建築をするために必要な技術や知識を多く持っていることが必要とされるため、現場で働く大工のほとんどは何十年も大工として経験を摘んだ方が多いです。重量のある材料を持ち運んだり高所に登ったりすることも多いので、体力がとても重要となる職業でもあります。また図面を理解する力や新しい建築法の取得など、建設に関するあらゆる知識を学ぶことも大工の仕事の一つです。
一人前の大工として働くことを考える場合は何十年も仕事を経験し、新しい建築法などを率先して学習し建築に関する幅広い知識や技術を身に付けましょう。

大工になるためには建築に必要な技術を取得するのが大切です。
建設物を建てるためにはきちんとした技術を持っている必要があり、さまざまな建設物を建てることができる大工としての技術を持っていなければ大工として働くことはできません。一般的な方法としては高校などの学校を卒業後棟梁に弟子入りをし、大工として必要となる知識や技術を学ぶ方法がよく利用されています。ですが最近では大工としての技術や知識をより深く学ぶために、専門学校などに進学するケースも増えてきています。必要な資格とされているのは建築大工技能士であり、建築大工技能士には一級から三級までの階級が存在します。将来独立して働く場合や信頼できる大工として活躍したい場合は建築士の資格も取得しておくと便利です。